口腔がん検診

お口の中を特殊なカメラで撮影するだけで数分で終わります。検診ごとにお口の中全体、舌を撮影し、画像を保存を致します。前癌病変等の早期発見にも役立ちますので、ぜひ歯の検診と同時に受診してください。

 

口腔がんとは

 

口の中を口腔(こうくう)といい、ここにできる癌を総称して口腔がんと呼んでいます。

口腔がんはできる場所によって分類されます

 

 

口腔がんは、直接肉眼で観察でき、手指で触診できるのが大きな特徴です。発育様式から外向型(出っ張っている)、内向型(掘れ込んでいる;潰瘍形成)に大別できます。その中でも、一見汚く、触って硬い感じをうけるものは悪性化している可能性があります。また、本来赤い部分が白くなっているものも要注意です。

日本の死亡原因の第1位はがんです

 

口腔がんは、その中で

『死亡率46.1%』のがんなのです

 

現在、日本では2人に1人ががんにかかり、

3人に1人は亡くなっています。

 

 

がんの中でも特にお口の中にできるものを 

口腔がんと言います。発生頻度はがん全体の13%と多くはありません。しかし、口腔がんの罹患数は全世界で40万人を超え日本では年間約7800人がかかり、3000人が死亡しています。口腔がん検診が義務化されているアメリカなどの先進国では、早期発見、早期治療を徹底することで、死亡率を年々減少させています。それに対し日本では罹患率、死亡率共に増加しています

早期発見や予防に効果的な口腔がん検診をオススメしております。

メニュー

お問い合わせ・ご相談

電話番号

0470-73-8241

メールアドレス

住所

〒299-5231

千葉県勝浦市沢倉140−26 ココナッツプラザ 1F

診療時間・休診日

AM 10:00~PM 13:00

PM 14:00~PM 18:00

 

休診日 水・祝日