口腔外科・親知らず

口腔外科とは

  • 智歯(親知らず )や 過剰埋伏歯 等 難易度の高い抜歯
  • 外傷(歯の破折や脱臼、顎の骨折、口腔粘膜の怪我)の救急治療
  • 炎症 (歯や歯周病からの急性炎症、慢性炎症)
  • のう胞(口の中、顎骨の中にできる良性腫瘍の一種)
  • 腫瘍(良性・悪性があり、組織学的には上皮性と非上皮性があり、その診断は重要です。万一、悪性の疑いが在れば、直ちに連携先病院の口腔外科に紹介致します)
  • 顎関節症(口が開かない、口を開ける時に痛みがある、音が出る)
  • 口腔粘膜疾患(口内炎や粘膜異常の正しい診断は、舌癌や口腔ガンの早期発見につながります)舌癌の早期発見で、適切な治療を受け、予後良好な患者もおり、早期診断の重要性を改めて感じます。
  • インプラント(人工歯根埋入手術)

             等、口腔外科領域全般の治療を行ないます。 

横向きの親知らずのデメリット

親知らずが横向きに生えていると…

  • 食片が詰まる
  • 虫歯になる
  • 歯ぐきが腫れる

   等の症状が出やすいです。

親知らずが原因で手前の歯が虫歯になった症例

親知らずと手前の歯の間に黒い影があります。

この黒い影が虫歯です。虫歯は横から進行すると、神経の処置になる可能性が高くなります。

顎の骨折に親知らずが関係している症例

親知らずがある事で、骨の厚みが薄くなり骨折した症例

 

親知らずに沿って、黒い線(骨折線)が確認できます。

親不知が原因で、手前の歯を抜歯した症例


 上の写真は、親知らずによって、手前の歯の歯根が吸収してなくなってしまっています。このような状態になると、手前の歯も抜歯をしないといけなくなります。

親知らずを抜きたい、診てもらいたい時は

 親知らずを抜く場合、大学病院に紹介されて転医した経験もある方が多く、一般的に歯科医院では抜いてもらえないと考えている方も多いようです。

確かに、下顎の智歯(親知らず)は萌出スペースがないため、斜めになっている例が多く、手前の歯(第2大臼歯)にぶつかりうまく生えていないケースが多いです。このようなケースでは、一般的に抜歯も困難な事が多いです。
このようなケースは、隣の歯と共に虫歯になり易く、生えてくる時に、歯の周りに炎症が起き(智歯周囲炎)、痛みを伴う事もあります。このような智歯(親知らず)の抜歯は、豊富な技術と経験を持った歯科医師が外科手術にあたるべきと考えています。

当院では、外科処置の経験豊富な医師が常時おりますので、希望があれば初診時の抜歯も出来ます。受付にてお問い合わせください。

 

メニュー

お問い合わせ・ご相談

電話番号

0470-73-8241

メールアドレス

住所

〒299-5231

千葉県勝浦市沢倉140−26 ココナッツプラザ 1F

診療時間・休診日

AM 10:00~PM 13:00

PM 14:00~PM 18:00

 

休診日 水・祝日